復活ブログ(^^;;日曜日

20130730_114442.jpeg

《日曜日より》

夕立ち、また蝉の声…

夏は夕暮れ時こそがいい。

休日には、たまにベランダから、のんびり新宿を眺めることをする。

夕暮れとともに、新宿の夜景が、色鮮やかなグラデーションを描いていく。

普段の行いが悪いから、誰も信じちゃくれないが、…一昨年の丑三つ時、ハマキ型のUFOを目撃したのもこの位置から…m(__)m


ライスカレーの匂いがする。

高校生の夏、細島港から見上げた空と夕日を、僕は今も待っていた…

こんな日曜日は、安あがりなジブリ気分…(^^;;

でも、時には大切な時間だとも思う。

これをジョン風に言うな らば…

どんな人にも、生涯忘れることのない、愛する人や、思い出の場所がある。

そして時に、容赦のない人生の様々な出来事に、思い出は色褪せてしまうこともある


思い出は、水彩で描かれた一枚の風景画だから…

そして誰もが、その一枚の風景画の描かれた場所を、生涯探しているような気がする。



共存とか共生とか…

人それぞれ、違った環境で育つから、
同じ風景でも、それぞれ見え方は違うのは当然のこと。
でもきっと、イメージは共有できるのかもしれないと、今もまだ信じている。



終戦記念日を間近に、昨夜のフラチな我が身に ”喝”をいれ…(^^;;

毎週土曜日は、恒例のように来てくれるお客さんグループがいる。
特にこの夜は欧米女子が多かった。

夏休みもあり、旅行を兼ねて日本にいる友人を訪れた平成生れの欧米女子もいて…

アンジェリーナジョリーのオッパイ騒動以来、欧米女子の胸元が目の前で左右する度に、僕の顔は、赤べこみたいに左右していた、マヂカなミステリー…

(; ̄ェ ̄)


今や若者とは、平成生れを指すようになった。

この二十年。
世の中は、いつの間にかすっかり様変わりをしていたようだ。

学生街だからかもしれなが、わんさか若いのを横目に見ていると、無理なくグローバル化され、時代にそって育っている連中の存在を、ハッキリと目にするようになった。

あらゆる分野において、人材は確実に育っている。

Noと言う人もいるだろう。
でも、少しだけ視点を変えることで、たくさんの風景が見えてくるはずだ。

補足するなら、僕の言うグローバル化とは単純な話だ。

平成人を見てると、多国籍の人々と、対等に付き合うことに違和感がなくなってきているということだ。

特に欧米人との交流に、今までよく見かけた、無意識な従属意識や偏見が、互いになくなり、個人の関係性がより強くなってきていることだ。

平成生れ日本人には、流暢な英語を話す人をたくさん見かける。
平成生れの外国人には、日本が好きで、日本文化や日本語を勉強してから来日する人を、たくさん見かけるようになった。

祖父や祖母が移民でとして渡り成功した、中南米諸国からの、日系留学生をたくさん見かけるようになった。
知的で真面目で、優秀な日系人ばかりだ。

これは、飲み屋店主だからわかることで…(^^;;

ほんの十数年前までは、日本人として、情けない有様を本当によく見かけて、気疲れすることが多く、まだまだ戦後だなぁとため息することばかりだった。

ともあれ、時代は変わるものだと、つくずく感心させられる。

そして、アーだコーだと今を決めつけたがるのもまた、いつの時代にもいる決まったタイプの大人連中ならば…
この構図もまた永遠なのだろう(笑)

なぜなら、二十年もすりゃ、今の若者も、ただのおっちゃん、おばちゃんになるだけのことだから。(笑)

生きてる限り、誰もがみな愛のテロリスト

(^O^)

本日ここまで…

GLASS.ON.THE.ROCK
新宿区高田馬場1-17-18
菱川Bld.B1 03-3205-8022

土曜日…今日も暑かった高田馬場

いよいよ八月やって来る。
乙女座は、名残惜しげに夏空見上げ…
カウントダウン
もういらないバースデイm(__)m


ポール師匠の来日公演予約が始まった。

エゲレス人の親しい客が、ニコニコしながら、いくの?…と聞いてきた。

当たり前田武彦

ふる~(; ̄ェ ̄)


エゲレス君、君は国の宝を参拝しないのか。
私の国では、それを非国民と呼ぶのだよ。
あァ嘆かわしい。

確かに、もはや師匠も七十二
どんなスーパースターでも、2時間余りのお勤めじゃ、もはや口パクもやむなしのお年頃。

S席一万ロック千円也

高いとみるのか、安いと見るか…
それはあなた次第。
リスペクト料も含めた拝観料金だと思えば安いもんだよエゲレス君m(__)m

モモヒキ履いてようと、ヅラだろうと、見えなきゃいいんだよ。

永遠の嘘をつき通してくれりゃ、それでいいわけよ。


ついでにじゃ言わせてもらうがエゲレス君。

以前、ボンジョビの来日ドーム公演では、リードギターが腕を骨折してギブスしてんのに、普通にギターソロが聞こえてきたそうだ。

エクソシストでもあるまいに…
だったら、天井にへばりついて弾かせるべきだ。

まぁ、サダ次郎の話だから、かなり尾ひれがついているとは言え、彼は、ネットオークションで五万円も払いアリーナ席を落札し、しかも端っこの席でギターの腕しか見えなかったそうだ。

それも怪しい話だが…(^^;;

ともかく、私達一般ピープルは、原発からスティーブンスタイラーまで、数々のグレーゾーンに黙って定価を払ってきたのだから…

今更、師匠が口パクだろうがアルパカだろうが、もはや楽しむだけですよ。

ガハガハ(*^_^*)

’イマジン’…です。












GLASS.ON.THE.ROCK
新宿区高田馬場1-17-18
菱川Bld.B1 03-3205-8022

三宅洋平

20130726_183155.JPG

GLASS.ON.THE.ROCK
新宿区高田馬場1-17-18
菱川Bld.B1 03-3205-8022

金曜日

YouTube見て、またまたビックリでした(^^;;

GLASSONIONの古い客なら覚えてると思います。

緑の党比例から、ミュージシャンの、あの洋平が立候補してたのを、知ってましたか。

僕はテレビを見ないから、知りませんでした。
お客さんに、昨日聞いてビックリしました。

またまたYouTubeで確認して、渋谷駅前で山本太郎さんと、相変わらずの、彼らしい演説に、お父さんのような気持ちで見入ってしまいました。(^^;;

店主も負けちやいられない。

GLASS.ON.THE.ROCK
新宿区高田馬場1-17-18
菱川Bld.B1 03-3205-8022

七月にて候

iPhoneをまだ使いこなせず…ブログ遅れて、申し訳侍先日、アーサーさん&ノリコさんのLIVEより…皆様多数のご来場、ありがとうございました(^-^)。 アーサーさんが、さりげなくアメリカンソング’sを弾き語る時、僕等日本人には、到底真似のしようがないアメリカンな香りを目の当たりにする。柳ジョージの名曲の、”高いフェンス越えてみた…アメリカ”フレーズが浮かぶ。その都度、やっぱり俺等は、借り物文化やってるんかなぁ〜と照れ笑いをする。海の向こうの、青い空、白い雲。漂う波の隙間から、こっそり潜望鏡で覗いてる…僕等は、黄色い潜水艦。若いアンチャンが、仕入れたばかりのアメリカでヒップホップに狂気するのを、大人は若気の至りと苦笑するけど、未だにロックから離れられないオヤジもいかがなものかと、改めて苦笑つかまつる@(・●・)@アルバムを制作中で、数曲オリジナル聴きましたが、素敵な曲ばかりでした。楽しみです。 GLASS.ON.THE.ROCK新宿区高田馬場1-17-18菱川Bld.B1  03-3205-8022GLASS.ON.THE.ROCK新宿区高田馬場1-17-18
菱川Bld.B1  03-3205-8022